つたわりとどけ。

日常と非日常のはざまから、伝え、届けたいことを個人で探求し、実践します。

だらだらも必要なこと。

家に帰ってきますと、つい「だらだら」してしまいます。

 

 

 

現在は平日が出張のため帰宅先は出張先のホテルになります。

そこでもくつろげはするのですが、やはり自宅とは異なります。

自宅に戻りますと、どこかで緊張のベルトが緩む感覚があります。

寝たときの熟睡感とかが、出張時とは大きく異なります。

 

 

 

 

出張先ではやれることが限られてきますので、札幌に戻って来ている金曜の夜から翌週月曜の早朝までがある意味「自由時間」となります。72時間もないのですが、その時間内でやるべきこと、やりたいことを次々と片づけていかなくてはなりません。

 

しっかし、ぼくは根っからの「めんどくさがり屋」なわけで(笑)

なかなか身体を動かそうとはしません。

出張時の疲れもあり、昨日はやるべきことを幾つか放棄し、自宅で録画した番組を視聴していました。

 

面倒と感じてしまうのは、現在のところは自宅にいるときだけ。

不思議と仕事をしているときは、集中の切り替えが出来ています。

集中しますと、時間の経過の早さが段違いです。1時間などあっという間です。

昨年10月に江別市に通いましてデスクワークを行っていましたが、その時から業務時間内の集中のしかたや続き方を自分自身で見ていて、「これまでとは何か違う」と感じていました。その確かな理由はわかりません。まさしく、いろいろと試行錯誤を重ねてきての展開(結果)が、まさしくこの瞬間に訪れてきていると感じました。

 

 

 

だらだらしてしまうからこそ、集中している時間との違いがよく解る。

そう考えていくと、だらだらも決して悪くはないのかなと感じています。

しわ寄せはいつか必ず来てしまいますが(笑)、その教訓があってこそ、めりはりや切り替えを意識していくことが出来ればいいのだろうなと今のところ考えています。

 

 

 

さて、きょうはこれから

・家の掃除など

・ドラッグストアへ買い物

・出張の準備

・書類の作成

・ブログ記事の下書き

をしていこうと思います。

 

途中適度に休みながら(ココ注意 笑)、録画した番組の消化も行いつつ、整えていこうと思います。