つたわりとどけ。

日常と非日常のはざまから、伝え、届けたいことを個人で探求し、実践します。

さいごの遅番。最終出勤日。

午後に出勤したら、手がかじかむほど寒かった

吐く息も白く

風に乗って白い結晶が目の前を通り過ぎて行った

 

f:id:maruyamabase:20190322213938j:plain

 

面倒な外勤を早めに済ませる

そこからはほぼデスクワークだ

何かを残さなきゃと思いながら過ごしてきたけど

まだ頭の外へは生まれていない

 

 

この時間を慈しみ

この時間を愛おしんでいた

唯一無二のこの時間を

凝縮された世界の中心を

 

 

ゴミ箱に捨てられたゴミを片づけ

洗い物を済ませ

溜まったゴミを役場に持っていって

若干の私用も済ませてきた

きょうは曇りの天気だ

明日はどうなるだろうか

 

 

f:id:maruyamabase:20190322214021j:plain

 

 

明日の準備をする

自分だけがなんだか特別な時間を過ごしているように思えるが

周りからしたら普通の1日だ

そこに隔てるものは何もないが

この先徐々に歩いていく方向が異なるだけのこと

 

 

電化製品のコードを抜いて

きょうの売り上げを数える

釣銭も確認して

店内に暗闇を呼んでくる

これまでは「また明日」と言っていたけれど

きょうは「ありがとう」とことばを変えよう

 

 

f:id:maruyamabase:20190322214111j:plain

f:id:maruyamabase:20190322214118j:plain

 

そして車で役場に戻る

カギを戻し あたりを見回し

この1年を思い返す

そして深々と一礼するのだ

誰かがいても 誰もいなくとも

それが この土地への礼儀だと思う

 

f:id:maruyamabase:20190322214243j:plain

 

 

今週はずっと

役場から自宅までの道のりを歩いて帰った

冬場や雨のときなどはそうしなかったが

今回はどんな天気でもその光景を目に焼き付けたかった

ずっと通い続けてきた道を

自問自答を繰り返してきた道を

想いを馳せ続けてきた道を

 

f:id:maruyamabase:20190322214322j:plain

 

散々迷惑をかけてきた

これまでずっとだ

最後の最後まで

 

 

f:id:maruyamabase:20190322214446j:plain

 

それすらをも迎え入れてくれたことに

最敬礼するのみだ

 

 

 

 

今日という日は終わる

明日からまた今日という日は始まる

 

f:id:maruyamabase:20190322214641j:plain

 

ネームを外して外に出る

それもまた 楽しみでしかないのだ