つたわりとどけ。

日常と非日常のはざまから、伝え、届けたいことを個人で探求し、実践します。

未が最低で、今が最高

ふと

 

いまという読みをする漢字には

 

「今」のほかに「未」もある。

 

 

よくわかんないけど、妙に納得した。

 

 

f:id:maruyamabase:20190809214818j:plain

車窓から

 

 晴れの日もあれば曇りの日も雨の日もある

 

ジメジメがずっと続いて滅入る日もあれば

 

笑顔で過ごし続けることが出来ることだってある。

 

 

 

 

 

なーんだかんだ言って、生きていることってすげぇって思う。

 

f:id:maruyamabase:20190809215213j:plain

慣れてくるとそんなことに目を向けることもしなくなるけど

 

 

 

いまという時間にも最低なところと最高のところがあって

 

その中でも最低のときと最高のときにわかれてくる

 

掘り下げていけば実はけっこう細かくなる

 

だから あまり気にしなくていいのかなとも思う

 

 

 

いいじゃないか

 

明日が楽しみであれば

 

 

いいじゃないか

 

明日なんて来なければいいのにと思っても

 

 

 

 

その日その日で

 

最後だと思えばなんとかなるから