つたわりとどけ。

日常と非日常のはざまから、伝え、届けたいことを個人で探求し、実践します。

【詩】好きだ

f:id:maruyamabase:20191223203350j:plain

「この道」はたとえ一本で

 

進んでも進んでも遠ざかるだけだったとしても

 

 

 

 

「この道」は「別な道」と交差する

 

そうするとこれまで遠ざかっていたのが近くなることだってある

 

道は必ずつながるしつながっている

 

そのことをさえ忘れなければ

 

 

 

 

遠回りでもいいから逢いたい

 

そして

 

怒られてもいいから

 

「好きだ」って、言うんだ。ぜったい。