つたわりとどけ。

日常と非日常のはざまから、伝え、届けたいことを個人で探求し、実践します。

春と秋は恐怖のカ〇ムシ週間。

きょうは久々に晴れ(秋晴れ)。

日中はとてもいい陽射しが室内に入っていたのですが、それとあわせてこの時期になると出てくるヤツも室内に入ってきていました。

 

f:id:maruyamabase:20211024222024j:plain

 

そう。カメムシです。

 

春と秋にはてんとうむし、そしてカメムシが「ある程度」、ときには「かなり」発生します。原因ですが、住んでいる建物の周りは林または森であるためです。自然の中に居住地を置くと、季節柄こういうイベントを迎えます。

 

カメムシはなかなか特徴的な匂い(臭い)を残しますので、早めに対処します。

対処の方法ですが、ガムテープ(布ガムテ)を適当な長さで切り、カメムシの背中(状況によっては腹)に貼り付けます。ガムテの粘着力はなかなかの強さであるため、バタバタはするのですがそうかんたんに抜け出すことは出来ません。その隙にガムテを半分に折り、密着させる形で閉じ込めます。後はゴミ箱へ収納。これで終わりです。

 

最初はおどおどしながらやっていましたが流石に慣れてしまいまして、少し長めに切ったガムテープにカメムシを連続でくっつけ、密着させて処分するという技を身に着けました。この方法はカメムシに限らず、夏にこれまた発生するアブを捕まえるときにも有効です。なお、アブはいちどハエたたきなどで気絶させて捕まえると楽です。

 

そんなわけで、今日の午後は30分ほど布ガムテープを握りしめながら、玄関周りに大量に発生したカメムシの捕獲に追われました。結構ガムテ使いました・・・

 

 

明日からの天気はどうなるのでしょうか。

f:id:maruyamabase:20211024223214j:plain

 

新型コロナウイルスの新規感染者数も少なくなってきました。

どうか穏やかな(心身ともに)日々が訪れますように。