とみーのグラウンディング日記

日常と非日常のはざまから、伝え、届けたいことを個人で探求し、実践します。

周りは、喧騒でしかないというひとつの事実。

日ハムの選手のふるまいなどに注目するオフシーズンですが、特に目を見張る出来事がありました。


ご存知、大谷翔平先週のメジャーリーグ移籍です。

この出来事は待ちに待ったと言うべきか、またはとうとうと言ったほうがいいのか、少し複雑になってしまいます。

しかしメジャー移籍は選手本人が学生時代にもった目標のひとつであり、その気持ちはプロ野球選手となった今でも、微塵も動きませんでした。プロ生活は、メジャーで活躍するための布石、言わば「やるべきこと」のひとつとして明確に捉えていたんだと思います。

大谷選手の二刀流挑戦は、物議を呼びました。
両立に否定的な意見が、解説者から出てきました。それは前例がないとか、身体がもたないなどの理由によるもので、どちらかに専念するべきだという意見が出ては消えの繰り返しになりました。

では、当の本人はどのように思っていたのだろう?と考えてみたら、ひょっとしたら「周りの声は知ったこっちゃない」という風に見ていたんじゃないだろうかと感じました。

監督やコーチ、球団がどのように大谷選手と話してきたかはわかりませんが、本人には二刀流をやめるという選択肢は「ない」のだと思います。それなのに周りではあれやこれやと言っているのですから、何を言ってるんですか~というふうに感じていたのかもしれません。目の前の事象に右往左往する他人を横目に、彼自身はメジャーを見据えたうえでの「やるべきこと」を五年間かけてじっくりやってきたんだろうと思います。

こういうケースを、自分や自分の周りの人にも当てはまることはあります。
他人の話には「こうだ」と論拠もないまま自分の意見を押し付けたり、自分自身のことだったら「わたしがやるんだから」と意固地になったりします。

大事なのは、「そんなのやる前から答えはわかってる」と決めつけないこと。決めつけは、未来を閉じてしまいます。それは選択肢を捨てることと同義になります。

自分のやりたいことが正しいのか、間違っているのか。その価値観が正しいとはいえないこともあります。価値観は人それぞれなのです。正しさばかりを選んでもだめなときがあります。間違いを受け容れるという流れも、必要なときがあります。上手に生きるのは、かなり難しいと思っています。

札幌ドームでメジャー移籍の会見を行った様子を録画して後日視聴しましたが、彼という存在を知ることが出来て本当によかったと感じました。大谷翔平というひとりの人間が、可能性のなんたるかを、自分の振る舞いを通して、提供してくれました。そのことにただただ感謝です。

現代はどことなく、他人の可能性には現実を突き付け、自分の可能性には甘やかす風潮があります。可能性は、あらゆるものへの第一歩です。そのことを刻み直し、明日からまた可能性を意識していこうと思います。

整理棚からひとつかみ。 ジャズ編 その128

Belinda / 野本晴美トリオ

 

f:id:maruyamabase:20180114102829j:plain

 

f:id:maruyamabase:20180114102845j:plain

 

f:id:maruyamabase:20180114102900j:plain


BQR-2040

 

1.M.M.C.M.
2.7up
3.Belinda
4.Dog Star
5.M.M.C.M.
6.Crescent
7.Baobab
8.My Sweet Down
9.improvisation solo
10.improvisation trio

 

 

parsonel


harumi nomoto(p/fender rhodes electric piano)
noboru andou(b)
daisuke yoshioka(ds)

all tracks composed by harumi nomoto


Recorded at Heat Recording Studio:Setagaya Tokyo:July 8,2007

 

 

野本晴美トリオ名義では2作目のアルバムになります。
レーベルを変えてのリリースになっていますが、1作目とはがらりと纏っている雰囲気を変えています。
それは装いを新たにしたというよりは、進んだ先がこんなんだった、というような「境地」にも感じます。
ライナーなどに解説文は一切なし。楽曲を見ていくと「バオバブ」や「ドッグスター」など、オリジナリティに富んだタイトルも見られる中、昨今ではお目見えしなくなった即興演奏(ソロ・トリオ)を9曲目と10曲目で披露しています。
昔の日本のジャズシーンでは即興(インプロヴィゼーション)演奏をアルバムに収録することはよくありましたが、最近では見かけなくなりました。
即興ジャムセッションはライブ会場などで見かけることが多いですが、楽譜に頼らない、感性と創造性に委ねて奏でる旋律は、やはり一味違うなと思ってしまいます。
彼女の通過点。
そんな表現にふさわしい作品です。

「つづける。」

先月より始まった次の仕事ですが、出張が多めの仕事になっています。

 

もちろん日帰りの現場もあるわけなのですが、応募要項に「出張OKなかた」ということが書いてあったとおり、勤め始めてからほぼ出張です。日帰りの現場はこれまでに1日のみ 笑。月曜日に出勤して、金曜の夜に自宅に戻るという生活を送っています。

 

 

 

今週は名寄方面、美深町にて仕事をしていました。ホテルは高規格道路を利用し、名寄市にて滞在。たとえ仕事とはいえ、経費で他の土地に行かせていただくのはとてもありがたい。

 

 

 

f:id:maruyamabase:20180113230309j:plain

ホテルの部屋から。

f:id:maruyamabase:20180113230344j:plain

早朝の国道。

 

続きを読む

整理棚からひとつかみ。 ジャズ編 その127

Gets/Gilberto #2 Recorded Live At Carnegie Hall +5  /  Stan Getz - Joao Gilberto

f:id:maruyamabase:20171213230235j:plain

f:id:maruyamabase:20171213230252j:plain

 


UCCV-3012


1.Grandfather's Waltz 
2.Tonight I Shall Sleep With A Smile On My Face(夢のほほえみ)
3.Stan's Blues
4.Here's That Rainy Day
5.Samba De Minha Terra(我がふるさとのサンバ)
6.Rosa Moerna
7.Um Branco No Bonfa(ボンファに捧ぐ)
8.Bim Bon
9.Meditation
10.O Pato(鵞鳥のサンバ)

-Bonus Track-

11.It Might As Well Be Spring(春の如く)
12.Only Trust Your Heart
13.Corcovado
14.Garota De Ipanema(イパネマの娘)
15.Eu E Voce


※1曲目のみモノラル

 


parsonel


Stan Getz(ts)
Gary Burton(vib)
Eugene Cherico(b)
Joe Hunt(ds)
Joao Gilberto(g,vo)
Keeter Betts(b)
Heicio Milito(ds)


1964年10月9日 金曜の夜 カーネギーホールにて録音

 


コンサートの1週間以上も前からすべての申し込みは「既に売り切れ」として却下されているにも関わらず、何とかしてチケットを手に入れようと奔走した人たちが多かったそうです。
ゲッツ/ジルベルトの組み合わせは現在でも最強の組み合わせのひとつとなっており、前身のアルバム「ゲッツ/ジルベルト」は今なお有名です。
このコンサートにはアストラット・ジルベルトも参加しています(追加曲に収録のため、クレジットにはなし)。
スタジオ録音とはまた味の違った甘い時間を、このディスクでも過ごして欲しいと思います。

「込める」

お昼に、現場となっている美深町の人気飲食店でごはんをいただきました。




f:id:maruyamabase:20180111212851j:plain





地方に行きますと、なんとかして地元の飲食店で食事をしていきたいと考えてしまいます。場所によってはコンビニに頼るしかないこともありますが、機会があればお店でいただくようにしています。ただ、店構えをみて、入るかどうか悩んでしまうんですよねぇ。札幌でも同じ事をしてしまうのですが、どうやら「はずれ」に当たりたくないと考えてしまっているようです。


注文した鳥のしょうが焼き定食(麺は幌加内そばにしました)の量も多く、満腹。しばらく動けませんでした。とても美味しかったです。




きょうの道北方面は少し強い風が時折吹くものの、昨日と比べますと断然好天でした。寒さは相変わらずですが、陽射しも気持ちよかったので、仕事に集中することができました。

夕方にホテルへ戻り、ぼぉーっとしてから夕食の買い物を済ませ、部屋に再び戻ってテレビの番組表を見てみますと、高校の書道部を特集した番組がありましたので、見てみました。

この番組は前後編あるようで、後編は来週の放送なのですが、とても気持ちが伝わる番組だと感じました。

ぼく自身、書道は下手です。
ただ、好きな漫画家さんが書道を題材にした作品を発表していましたので、それを読んでこの世界を知ることになったのです。

普段何気なく書いている、または打っている「字」ですが、書き順とかいろいろ注意しなければならないことなんかすっかり忘れた状態で使ってしまっているなと思いましたし、一文字にかける時間や情熱が段違いだとも思いました。

文章で書くものと、書道で書くものとは、その用途(とでも言えばいいでしょうか)は異なります。しかし伝えるという点では、いずれも共通していると思います。

大きく違うのは、その文字にどれだけ「込めて」いるか。

何気なく使っている言葉に、それだけのものを込めていただろうかと反省してしまうほどです。


場合によっては、そこまで込めなくても良いのかもしれません。ただそれこそ、現代的な風潮のように思います。いつの間にか流されてしまっていることもありますが、どうして文字を使うのか、どうして文字を書くのかを自分なりにもう一度考えて、これからに反映させていこうと思いました。