つたわりとどけ。

日常と非日常のはざまから、伝え、届けたいことを個人で探求し、実践します。

どっちがいいか。

よく

 

「どっちがいいんでしょうかねぇ」

 

と質問されることがあります。

 

 

 

それは

 

仕事のこととか

恋愛のこととか

これからのこととか

 

いろんなシーンにおいて聞かれます。

 

 

そのように聞くということは、比べていたり、どちらが「善い」のかを考えているからなんだと思います。

 

続きを読む

「不幸せ」は、必要な。

何かしらの媒体に触れていますと、サクセスストーリーをはじめとした成功体験に遭遇します。その中身を見てみますと、挫折や絶望に代表されるおおきな出来事を経験していることがままあります。文字でも映像でも、その部分をフォーカスすることで感情移入がしやすくなるのかな?と考えてもしまいます。

 

では、そういった「堕ちる」または「堕ちそうになる」経験は必要なのかという疑問が浮かんできました。この世の中にはそういった経験をしないで生きている人も確実に存在します。経験しているのとしていないのとではどちらがいいのか?という議論は今回はなしにして、人が往々にして経験するであろう「不幸」は、実は幸せへ向かうための副産物のような気がしてならなくなりました。

 

ですが実際問題、この「不幸せ」ですら、ケース別にして選別してしまう動きはあります。

要するに、受け止めることが出来る不幸せと、忌み嫌い、理解しようとしない不幸せです。

「受け容れる」とか「受け止める」ことを推奨しているスピリチュアリストについても、その辺の選別はしてしまうようです。つまりは、自身の生活においてはそりゃあプラスになることだけ(表面だけ)受け容れたくなるわな。ということ。

 

 

けっこうあちこちでは、こういった「ネガティブ」全般は自身の成長ですとか、古来からの課題解消に向けて必要なコト、つまりはエッセンスなのだということは言われてきているはずなのです。が、実際は偏った感情や思考に支配されてしまい、一部の不幸せをとばっちりのように感じてしまっているようです。ざっくり言えば、冷静は判断と熟考は出来きていない、ということに落ち着きます。

 

 

目の前に起きた不幸せは、やはり感情などを激しく揺さぶります。

怒りや憎しみ、悲しみなど、平常心に保とうとする一切のものを排除します。

しかしそれは、「通常」であろうとするものからの変遷であるのではないかという可能性を考慮したならば、そのショッキングな存在も、ひょっとすれば・・・という気がしています。

 

 

ぼく自身、その不幸せをきっかけに、自分自身に「誓いという名の呪い」をかけました。

その不幸せの対象たる人はそのことはまったく知りませんが、結果としてこの「呪い」は、良かったのだという認識でいます。解くのにはしばらくの時間がかかりましたが。

呪いは、ひょっとしたら存在しないのかもしれませんね。

反対に、祝福も然り、ということになるでしょうか。

 

いずれにせよ、生きているあいだに経験するものごとは、その人を「なんとかする」ためのものだということは、どうやら言えそうです。

「思考」や「気持ち」が、邪魔をする。

さて、本日の勤務は

 

 

「暇」

 

 

な1日となりました 汗。

 

f:id:maruyamabase:20190113223905j:plain

 

そんな1日でありましたので、道路わきにある雪山を崩しました。

最低気温は氷点下ですが、最高気温がさほど寒くなく、連日暖かいこともあって雪が融けていましたので少しでも無くなればいいなと思います。

 

続きを読む

誰もが持って生まれてきた。

昨夜は呑んできました・・・が、途中に飲み慣れていないギネスを飲んだせいか調子が狂い、2次会に行かず戻ってきました。

 

f:id:maruyamabase:20190112204000j:plain

きのうきょうと、路面はかなりツルツル。

歩く際には注意が必要なほどでした。

 

続きを読む

休日出勤。

午後から4時間半ほどみっちり仕事してきました。

 

いや、休日に仕事なんて、出来ることなら避けたいですよ。

「臨戦態勢」ではありますが、それを常態化してしまいますと、身体が休まらず、体調を崩すことにつながります。

 

ですが「どうしても」というタイミングはあります。

明日から世間は連休に入るので、出来ることならばやっておきたいということで、急きょ仕事をしてきました。

 

 

内容は地域おこし協力隊として着任した際にあったテーマで、昨日役場から公式文書のリリースがありました。それを複数枚印刷してホチキス留めし、とあるところに納品する必要があったのです。

 

先方は最悪連休明けの朝でもいいですよ、と言ってくださっていたのですが、何せ500部以上ありますので、早いほうがいいだろうということで出勤したのです。

 

 

その甲斐もあり、印刷と部数分けと納品は無事に終わりました。

並行して進めている「突発的な仕事」も、本日の分は無事に整えることが出来ました。

 

ずっと立ちっぱなしで作業していましたので、腰がおいいちゃんです 笑。

 

 

 

今月は休日に出てくることや本来の時間よりも早く出勤してというのが多いです。

後日になりますが、調整をして身体を休めていきたいと思います。

 

 

 

札幌市で働いていたとき、「休日出勤を頼めないか」とよく声をかけられました。

そのほとんどはコールセンター勤務のときで、繁忙期ですとか目標まであとナンボといった時期が多く、こちらとしてはお金が稼げるからいいのですが、休みは確実に減りますのでバランスを取ることが少し難しかったように思います。

 

ましてや会社によっては「なぜ協力してくれないのか」といった場違い発言をするところも。そもそも有給を取らせてくれない会社が多いのです。最初に勤めたコールセンターも、有給を申請しても、有給を使わない方向で何とかならないか?といった、まさしくDQNなことを平気で言うところでした。それは何もこの会社だけではないようで、どうやら有給はあってないようなものだという風潮が根強くあるようです。

 

 

こういった制度があるにも関わらず、なかなかそれを行使できない。

背景としては人員不足等あるとは思いますが、あるはずの権利を使わせてもらえない環境は果たしてどうなのだろうと今更ながら考えてしまいました。

だって、下の人間には厳しく、自分には甘いという上の人間は、どこにでもいますからね。自分都合で勝手にシフトをいじったりするのは、よくあると思います。

 

だからといって自営業がいいかと言われれば、必ずしもそうとは限りません。

そうなると、しっかり働いてしっかり休む、といった線引きは、これからの時代どうなっていくのだろうと思ってしまいます。

 

環境が劣悪なところは慢性的な●●不足という事象を抱えてしまいます。

それを変えていくには、自身が変わるしかありません。

誰かが変えてくれる、なんてことはまずないのです。

自浄能力なのだと思います。

 

きょうは手足を使う仕事となりましたが、集中して仕事をすることが出来ました。

集中できる環境というもの自体、毎日ある訳ではありませんが、これからも少しでもそのような環境をつくることが出来るよう、努力していきたいと思います。

 

今夜はご褒美に、飲んでくることにしましょう 笑。