とみーのグラウンディング日記

日常と非日常のはざまから、伝え、届けたいことを個人で探求し、実践します。

残念なことも、幸運なことも。

残念なこともあれば、その逆もある。

f:id:maruyamabase:20170919233253j:plain

 

 

続きを読む

はらいたまえ きよめたまえ

台風18号が、日本列島を縦断していきました。

 

 

 

北海道へはきょうの未明ごろから、明日までその猛威を奮いそうです。

 

夕方のニュースでは、各地の被害や状況などが報告されていました。

 

 

 

 

f:id:maruyamabase:20170918233223j:plain

 

続きを読む

ライブレポート:さっぽろ市民寄席 平成開進亭 一之輔二人会 札幌エルプラザ 20170913 出演:桂枝光(かつらしこう) 春風亭一之輔(しゅんぷうていいちのすけ)

とあることから落語を聞くようになったのですが、関連の番組を見ることで「落語家」というとても大きい括りだったものが、ひとりひとりの顔が少しずつ見えてくるようになりました。

 

昨年は1回、道新ホールで生の落語を聞いてきましたが、それからしばらくその機会はなし。そしてつい先日、久方ぶりに落語を聞いて参りました。

 

 

maruyamabase.hatenablog.jp

 

 

 

 

f:id:maruyamabase:20170917213815j:plain

 

続きを読む

どんな些細なことでも、前に進んでいると思えるように。

先週あたりからとあることに着手しました。

 

 

 

f:id:maruyamabase:20170916215348j:plain

 

 

 

それは、多読で読んだ本につけた付箋の箇所にある「言葉」をノートに書き留めていくというもの。

 

図書館などから借りた本については返却前にノートへ書き写していたのですが、自宅にある本に関しては、長らくダンボール箱に保管したままでした。

 

 

続きを読む

整理棚からひとつかみ。 ジャズ編 その96

Up,Up And Away  /  Sonny Criss

 

f:id:maruyamabase:20170814141522j:plain

f:id:maruyamabase:20170814141541j:plain

 

VICJ-60057
PR-7530

 

1.Up,Up And Away
2.Willow Weep For Me
3.This Is For Benny
4.Sunny
5.Scrapple From The Apple
6.Paris Blues


parsonel

Sonny Criss(as)
Tal Farlow(g)
Cedar Walton(p)
Bob Cranshaw(b)
Lenny McBrowne(ds)

Recorded August 18,1967

 

ポップ・チューンでありながら疾走感を感じさせる作品。
刑事ドラマのような「これから始まるぞ」といった空気を醸し出しつつ、ギターやベースなどが小気味よくサウンドを刻みます。

レビューには「恵まれぬ人であった(村上春樹)」との評がある。
実力がありながらも、芽をだせなかったのか、それとも見つけてくれなかったのか。
そんな時代に流された失望感も感じさせます。


ソニー・クリスの代表作とも言える1枚がこうやって後世の耳に入っているだけで、個人的には恵まれた時間だったのではないかと思います。