つたわりとどけ。

日常と非日常のはざまから、伝え、届けたいことを個人で探求し、実践します。

整理棚からひとつかみ。 ジャズ編 その196

【Series of  John  Coltrane】

Newport'63 / John Coltrane

 

f:id:maruyamabase:20190325144224j:plain

f:id:maruyamabase:20190325144243j:plain

 


GRD-128(海外盤)


1.I Want You Talk Aout You
2.My Favorite Things
3.Impressions
4.Chasin' Another Trane


parsonel

John Coltrane(ts,ss)
McCoy Tyner(p)
Jimmy Garrison(b)
Roy Haynes(ds)
Eric Dolphy(as) *4
Reggie Workman(b) *4


Recorded

1-3:live at the Newport Jazz Festival in Newport,Rhode Island on July 7,1963

4:live at the Village Vanguard,New York City on November 2,1961

 


1963年に行われたニューポートジャズ祭りで演奏されたものと、1961年のヴィレッジ・ヴァンガードで演奏された曲とのカップリングCDになっています。
ヴィレッジ・ヴァンガードでの音源は他の作品でも見られますので今回は置いといて、63年ニューポートのほうを見ていきます。

エルヴィンの代役にロイへインズが参加していますね。
ロイもコルトレーンとは組んだ経験を持っていますので、大きな変化という訳ではありません。


演奏時間は3曲足すと40分越え。持ち時間を多少オーバー?したといったところでしょうか。3曲で40分と簡単にいっていますが、それって意外に凄いことだと思います。
コルトレーンの音源は、後年ライブ音源がわんさか出てきます。この音源もそのひとつなのですが、迫力が半端ないです。まるで水を得た魚というか、自分の音が、思想が、地平線を駆け巡らんとする勢いでブロウを繰り返しています。
こういった演奏はだんだんと、一部では聞き苦しいと感じてしまう演奏に変わってしまうものの、彼の不思議な魅力に聴衆は「もっと音楽を!」と言っていたのかもしれません。

「これから」はもうすぐ訪れる

地域おこし協力隊としての業務は先週末で終わり、並行して進めておりました引越の準備と清掃を行っています。

 

f:id:maruyamabase:20190325141336j:plain

これは土曜日のイベント前の画(実は出店してました)。

 

f:id:maruyamabase:20190325141414j:plain

不慣れながらも、手淹れ珈琲を実施させていただきました。

やはり、自宅で淹れるのとは訳が違います。

 

 

続きを読む

整理棚からひとつかみ。 ジャズ その195

【Series of  John  Coltrane】

The 1961 Newport Set / John Coltrane

 

f:id:maruyamabase:20190317205715j:plain

f:id:maruyamabase:20190317205718j:plain


SOLAR RECORDS:4569918(海外盤)


1.Announcement *
2.Impressions *
3.Naima *
4.My Favorite Things *
5.Blue Train
6.I Want You Talk About You
7.Impressions
8.My Favorite Things

 


*…unissued

 


parsonel

John Coltrane(ts,ss)
McCoy Tyner(p)
Art Davis(b)
Reggie Workman(b)
Elvin Jones(ds)


Live at the Newport Jazz Festival,Newport,Rhode Island,July 1,1961

 


コルトレーンのニューポート・ジャズフェスティバルでの演奏は、アーチ・シェップとの共作タイトルがいちばん有名です。
しかし彼は何回もこのフェスに出演・演奏をしており、今回は1961年に出演した際の演奏の一部を収録したものです。
インプレッションズとマイフェバが2曲収録されている所を見ると、おそらく2セット演奏したのではないかと思われます。
トータルの収録時間がおよそ75分。1セット30分程度と考えると、フェスでの持ち時間に相当します。
前半4トラックが初登場となります。ライブでブルートレインを演奏しているのもとても珍しく感じます。

【詩】if,

ほらごらんよ

ここがぼくの目指した場所だよ

海も山も近い

風は時折強いけど

とても見晴らしがいい土地だ

 

ぼくはここで生きていくことに決めたんだ

都会ももちろんいいけれども

なんだか疲れちゃったんだ

このままいると

ほんとうにどうにでもなれって思ってしまいそうだったから

このままではいけないって思ったんだ

 

あとここだけの話だけどね

ぼくは周りのひととかかわりすぎてはいけないんだと思う

もちろん今までいい思い出もあったけど

ここ最近は辛い出来事ばかりだったから

どこか田舎にいって

めったに人が来ないようなところで暮らすことができたらって考えていたんだ

そういう意味でぼくは嫌われるべき人間だったんだ

きみがどれほどぼくを頼ってくれていたとしても

ぼく自身の寂しさや辛さはずっと在ったままだったんだ

それがなくなればって思っていたけど

ここに来ても結局は同じだってやっとわかったよ

逃げちゃダメだってことだね

 

住む土地を変えてからの1年間は必死に頑張ったよ

頑張っていないと言われたとしても

それはその人ごとでものさしが違うって思えばいい

ぼくは兎にも角にも生きてきた

それだけでも十分な成果のような気がするんだ

 

たくさんの人に出逢ったね

魅力的な人もたくさんいたね

ぼくはほんとうに救われたし

新たな目標も与えてもらったよ

ここでさっさと眠りにつこうと考えていたはずなのだけど

どうやら好奇心のほうが勝ってしまいそうだ

だって、またその場所やその人を目指して

ぼくの心と身体がうきうきしてくるから

 

もし

ぼくがこの場所に来ることがなかったらどうなっていただろう

それを考えても仕方ないけれど

おそらくそれはそれで必死に生きていると思う

そしてどこかに逃げることはできないかと考えていると思うんだ

 

もし

ぼくがこの1年間を手に入れなかったらどうなっていただろう

驚かせちゃうだろうけど

ぼくはきみを投げ出して

飲むことも食べることもせず

興味の寿命を迎えることを拒まなかったと思うそれくらいの苦しみを抱えていたんだ

実はね

 

もしも

もしもなんていうことを考えなかったどうなっていただろう

そんな風に見ていくと、もしなんてことを考えるのは単なる心配だったのかもね

 

もしも

もしも

もしも

 

そんな仮定を考える余裕もなかった

それでよかったんだろうね

 

 

 

ねぇ プラテーロ

これからもぼくといっしょに歩んでいこうよ

まだまだ先はある

その先を きみと見ていきたいと思ったよ

 

この町に

無限にあればいいな

この先も

きみというひかりも

さいごの遅番。最終出勤日。

午後に出勤したら、手がかじかむほど寒かった

吐く息も白く

風に乗って白い結晶が目の前を通り過ぎて行った

 

f:id:maruyamabase:20190322213938j:plain

 

面倒な外勤を早めに済ませる

そこからはほぼデスクワークだ

何かを残さなきゃと思いながら過ごしてきたけど

まだ頭の外へは生まれていない

 

 

この時間を慈しみ

この時間を愛おしんでいた

唯一無二のこの時間を

凝縮された世界の中心を

 

 

ゴミ箱に捨てられたゴミを片づけ

洗い物を済ませ

溜まったゴミを役場に持っていって

若干の私用も済ませてきた

きょうは曇りの天気だ

明日はどうなるだろうか

 

 

f:id:maruyamabase:20190322214021j:plain

 

 

明日の準備をする

自分だけがなんだか特別な時間を過ごしているように思えるが

周りからしたら普通の1日だ

そこに隔てるものは何もないが

この先徐々に歩いていく方向が異なるだけのこと

 

 

電化製品のコードを抜いて

きょうの売り上げを数える

釣銭も確認して

店内に暗闇を呼んでくる

これまでは「また明日」と言っていたけれど

きょうは「ありがとう」とことばを変えよう

 

 

f:id:maruyamabase:20190322214111j:plain

f:id:maruyamabase:20190322214118j:plain

 

そして車で役場に戻る

カギを戻し あたりを見回し

この1年を思い返す

そして深々と一礼するのだ

誰かがいても 誰もいなくとも

それが この土地への礼儀だと思う

 

f:id:maruyamabase:20190322214243j:plain

 

 

今週はずっと

役場から自宅までの道のりを歩いて帰った

冬場や雨のときなどはそうしなかったが

今回はどんな天気でもその光景を目に焼き付けたかった

ずっと通い続けてきた道を

自問自答を繰り返してきた道を

想いを馳せ続けてきた道を

 

f:id:maruyamabase:20190322214322j:plain

 

散々迷惑をかけてきた

これまでずっとだ

最後の最後まで

 

 

f:id:maruyamabase:20190322214446j:plain

 

それすらをも迎え入れてくれたことに

最敬礼するのみだ

 

 

 

 

今日という日は終わる

明日からまた今日という日は始まる

 

f:id:maruyamabase:20190322214641j:plain

 

ネームを外して外に出る

それもまた 楽しみでしかないのだ