読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とみーのグラウンディング日記

まるやまベース代表・木育マイスターのとみさわゆうじが日々の出来事やガラクタ整理・グランウンディングに関することなどを綴っていきます。

どこに出逢いがあって、一生モノの「何か」になるなんて、わかりませんよ。

日記

f:id:maruyamabase:20160524220341j:plain

 

 

明日の出店に備え、自宅でアイスコーヒーの淹れ方と味を確認。

氷をどれくらい入れるとか、10gあたり何ml注ぐとか、細かい調整を行っていました。

 

ぶっつけ本番でもうまくいくことはもちろんありますが、やはり準備は必要。

机上や頭の中だけで効率化を進めても、実際に手動かすと想定外のことが起きてきたりするものです。

 

 

 

明日はあいにくの天気(それでも久々の雨になるそう)ですが、アイスコーヒーは予定通りお出しします。

 

 

今月は平日での開催になるので、先月よりはバタバタしないであろう、という予測からですが 笑。

 

 

 

 

 

珈琲を淹れる。

 

そもそも珈琲の入口は

 

 

 

 

ネスカフェ・エクセラ

 

 

 

でした。

 

 

 

実家にこれがあったわけです。

(ちなみに、ゴールドブレンドよりはエクセラのほうが好きでした)

 

 

 

 

その後、本格的な珈琲に出逢ったのが中学生のとき

 

 

 

友人宅でいただいた珈琲が、コーヒーメーカーで淹れたものでした。

 

 

 

 

 

 

その後は缶コーヒーなんかに流れたのちに

 

 

 

 

 

 

すっかり有名になった

 

 

 

 

 

スターバックスコーヒー

 

 

 

 

に出逢います。

 

 

 

 

 

 

 

 

とはいっても、飲む専門でその時には淹れることは考えていませんでした。

 

 

 

 

 

いまのかみさんと付き合った時に、ドリップを憶えました。

 

その後特に知識もなく淹れてきましたが、とある喫茶店のマスターから直接淹れ方を教わり、回数を重ねて重ねて、かみさんのみならずいろんな人から「珈琲おいしい」という声を聞くようになったんです。

 

 

 

くすぐったいですが、うれしいです(笑)

 

 

 

自宅で出来る範囲でのドリップですが、楽しんでいただけると思っています。

何がきっかけで趣味だったりスキルが増えるかは未知数ですが、それが「楽しみ」であると思います。

 

 

 

 

 

この「わくわく」を、なるだけ多感じていきたいと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに

 

 

 

珈琲のほかにも

 

 

 

 

 

紅茶や日本茶

 

 

 

 

 

が ありますが

 

 

 

 

 

 

ちょっと手順は異なりますが、以前より比べると格段に美味しく淹れることができるようになっていました。

 

これこそ「一石二鳥」なんですかねぇ。

おかしくなった? 成長した? ちょっとした戸惑いがありまして。

考えを伝える 日記

季節が春から夏に変わりつつある中、最近これまでとは違う感覚が体の中を駆け巡ります。

 

 

 

 

 

 

 

それはいろんないきものが一斉に「溢れる生命」をアピールしてきて、わたしもそのテンションに巻き込まれるという感覚です。

 

 

寒かった冬からあたたかい春、そして夏へと季節が変わると、解放感のようなものが出てくるように、じっと堪えてきたものがここで一気に放出されていく様を全身で感じています。

 

 

 

 

 

どこか特別な場所へ出かけた、という訳ではありません。

 

自宅の近所や外出先などで、たくさんのエネルギーがぼくをつんつんしてきます(笑)

 

 

 

 

 

そんな感覚を「怖い」とか「怪しい」と言う人もいるかもしれませんが

それはわたしたちが元々持っていた感覚のように思えてなりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

野菜であれ果物であれ、お肉であれお魚であれ

 

わたしたちは常々「いのち」をいただいています。

 

ほかの「いのち」を取り込むこと。

 

 

 

いろんな言い方があるかと思いますが、食べ物は単なる「食べ物」ではないということを、これから先のわたしたちは忘れてはいけない気がします。

 

 

 

 

 

にんげんは他のいきものに救われ、感化され、影響を受けています。

 

そこに絶望を見ることもあるかもしれませんが、希望も介在していることを忘れてはなりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここ数日の夏の陽気にあたってきましたが、じぶんの周りにあるものすべてから背中を押された気がします。

 

それは、凝り固めて永らく持ち続けていた「エゴ」が、勝手にじぶんから離れていった結果、やっとシンプルに、そしてストレートに、ぼくの中へ届けられたのかなーと、じわりじわり感じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしたちはときに孤独になるとき「わたしは独りだ」と絶望し嘆くことがあります。

数年前、わたしは毎晩お酒を呑んでは理由もなく号泣しました。嗚咽も漏らしました。

物事や人生を悲観しては、ただただ枯れない涙を流し続けた思い出があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「わたしはひとりじゃない」

 

 

 

ということばのほんとうの意味をそれぞれが感じることは、やはり難しいことだと思います。

 

 

 

でも

 

 

 

気づきがひとつでもあるだけで、地獄が一瞬にして天国へと変わります。

そのプロセスは、まさしく「証」。です。

 

 

 

それは、特定の「誰か」にだけもたらされるものではありません。

 

 

 

 

わたしのようなダメ人間ですら、気づきを得ることができたのですから。

 

 

 

 

 

 

あなたにだって、できるはず。

 

あなたにも、できますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

原動力。

 

意外にもそれは「ケーキひと切れぶん」のきっかけだったりしますから。

執着を「手放す」というよりも執着が「離れていく」という感覚。

日記 イベント


f:id:maruyamabase:20160522215757j:image

 

 

きょうはお誘いを受けて千歳市へ。

 

 

 

 

 

とてもいい時間を過ごすことができました。

 

 

 

誘ってくれた友人夫婦と、主催者のかた、そして参加してくださった方たちに感謝です。

 

 

 

 

 

 

ごはんもおいしかったですし、会話にも花が咲きました。

笑いながら話すというのが、やっぱりいいですね。

こういうところに「福」が来るのだと感じました。

 

 

 

とてもおおきくてたいせつなことを学びました。

いつのまにやら「執着」がどっかに行ってました。

 

勝手にどっかにいってしまったという感じです。

 

 

 

 

 

だから、自分の話であんなに笑いを取れたのだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、これからの指標ができました。

 

 

「楽しさ」を追加して「加速」すること。

 

 

それが、究極の進化につながる。

 

 

 

 

 

 

それは他の誰よりも、大昔の自分が一番知っていること。

 

 

 

約束を果たすため。

 

役目を果たすため。

 

 

 

 

 

ここからは「加速」していきます。

 

 

 

 

 

ほかにもいろんな気づきがありましたが、ここでは一番大事なことだけに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここからはインフォメーションです。

 

 

 

 

 

5月25日(水)、毎月恒例の「森のCasa Cafe」に出店します。

 

珈琲(ホット・アイス)の担当として参加します。

 

 

 

イベントページ

森のCasaカフェ~イタリアンまつり2016ヽ(^。^)ノ~

 

 

 

プロではないですが好評をいただいていたので、前回(先月)からお食事の珈琲部門で出店させていただいております。

 

料金はイベントページをご参照ください。

 

 

その他にお試しでオラクルカードも引いたりしてます。

カードのリーディングは当初自分が使用しているカードに絞っていましたが、森のCasaにもオラクルカードがあるし、どうせなら1枚ずつ引いちゃえ!という感じでやってみました。こちらも驚きあり、笑顔ありで勉強になるとともに、楽しませていただきました。

 

お試しリーディングは100円で行います。

 

 

 

 

平日なのでお仕事や予定などあると思いますが、毎回ご飯も好評なので興味のあるかたはぜひどうぞ。

 

※会場はちょっとわかりにくい場所にあります(一軒家のため)ので、不明点があれば遠慮なくお問い合わせください。

わたしについて銀河が知っているいくつかのこと。 その4

プロフィール

どこでもプロフィールの欄には趣味の項目がありますが、お決まりの内容として「読書」「映画鑑賞」「音楽鑑賞」が入ります。

 

 

 

その他にも細々とした趣味を持っているのですが、特に上記のみっつに関してはかなりの数を買ったりしてはコレクション、要するに売ったり捨てたりせずに持ち続けていました。

 

 

 

 

 

 

思えば最初に持ったCD(いただいたもの)はTMネットワークのCD。

その後は8cmシングルやらアルバムやらを買い集めていました。

当時はアイドルのCDアルバムなんかも買っていたなぁ。

 

その後はアニメのサントラ(笑)

 

 

昔は「おたく」という用語があったけれども、特定の作品においてはまさしくわたしは「おたく」でした。

 

 

 

 

 

これらのものを特に処分することを考えていなかったので、

 

 

そりゃあ、増えるはずだわ

 

 

って感じでどんどん自分の持ち物が増えていきました。

 

 

 

 

時折売りに出して数は減らしていたものの、増えるスピードのほうが早かったのでどんどんどんどんコレクションは増えてゆく。

 

 

集めるジャンルは変わっていっても、増やすスピードと手放すタイミングがなければ、根本的な解決にはなりませんです。

 

 

 

 

 

読書を本格的にはじめたのは中学校から。

ファンタジーノベルのはしりとされ、今でもファンが多い

 

ロードス島戦記

 

をはじめ

 

銀河英雄伝説

アルスラーン戦記

三国志

水滸伝

 

などから「小説」の世界にのめり込みました。

 

中国歴史小説は今でも好んで読んでいて、北方三国志、北方水滸シリーズはしっかりと押さえています。

 

 

 

こういった長編モノも長年にわたって持ち続けていただので、

 

 

 

 

 

 

だからさぁ~

 

 

 

 

 

という具合にコレクションが増える始末。

 

これが「充実」の証でした。

 

 

 

「観たい」「聴きたい」「読みたい」の他に

 

「追求したい」「極め(究め)たい」

 

という欲求がどうやらあるらしく、展開のひとつとして

 

 

 

「集める」

 

 

 

ということをずっと続けてました。

 

 

 

 

 

だから、本棚にぱんぱん

CDラックにもぱんぱん

他の場所にも収納箇所を創る

 

 

ということを何も考えずやっていたんだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

現在はガラクタ整理を行ったのでだいぶ持ち物も減りました。

 

 

 

現在「整理棚からひとつかみ」というシリーズをアップしていますが、掲載しているものはすべてガラクタ整理で手放したもので、現在はもう手元にはありません。

 

紹介しているのはCDですが、映画や本も紹介しておけばよかったなーと思いました。

 

 

 

 

 

手放しても手放しても。

 

持ち前の趣味がなくなるわけではありません。

 

 

 

 

読書も

映画鑑賞も

音楽鑑賞も

 

今でも続けています。

 

 

 

 

 

 

 

年齢を重ねるうちに 笑

 

 

スポーツ観戦やら

料理やら

アウトドアやら

 

 

 

この年になっても(それでも来月40なんだよね)

 

 

 

趣味というか、やりたいことはどんどん増えていきます。

 

 

 

 

 

そのほか

 

ボウリング

お茶・珈琲を淹れる

アメカジ

 

 

など、長らくやってきて定着しているものもあります。

やってるときは、文句なしに楽しいですよ。

 

 

 

 

 

趣味はながーく続けることができるのに、仕事上のスキル等はなかなか身につかない。

 

どうしてでしょうね?楽しんでないからかな?

 これがうまくコネクトできれば、ほんとうに大きな変化になると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きょうはちょっと長めの文章を書くことが出来ました。

 

この調子でやっていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きょうの郵便で免許証の更新ハガキが届きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

おそるおそる中身を確認。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やった・・・

 

 

 

 

 

 

 

やったぁぁぁぁぁぁぁぁぁああああん!

 

 

 

 

 

 

 

 

優良講習!

 

 

 

講習時間30分!

 

 

 

手稲行かなくてもオッケ!

 

 

 

 

 

 

しかも

 

 

 

 

 

 

はじめての

 

 

 

 

 

き・ん・い・ろ ♡

 

(はじめてかよ!というご意見は受け付けません)

 

 

これは祝杯ものです♪

ようやっとかな。やっとだろうねぇ。

日記

きのう、そしてきょうと札幌は快晴で強い風もなく過ごしやすい一日でした。

 

 

 

が、逆に日差しが強いため連続の夏日となるほどの陽気。一気に夏到来という感じがしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっと。

 

 

 

やっとですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

じゅんぐりじゅんぐり、あの日のことに目を向けて、振り返りを行うことが出来ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きのうきょうと外出しては会話に花が咲いたことで、なんだか楽になった気がします。

 

 

 

 

 

昨日は北海道神宮へお礼参り。

観光客も少なく、鳥の鳴き声が賑やかななか、境内と円山公園を散策しました。

 

 

連日お昼は外食でしたが、とてもいい気分転換になりました。

さしたる用事もないので(笑)プチ籠り状態だったのですが、外出も今の自分にとっては気分転換以上のものとなりました。

 

 

 

 

 

そして会話。これほど感謝しなければならないものはありません。

 

 

 

今日も行きつけのお店で井戸端会議状態だったのですが、いつの間にかさらりと先日のイベントやイベント後の大失敗についても話せるようになっていました。

 

そして何よりも、自分ではなく他人から教えられることの大きさを実感。

 

 

 

 

 

「ま、そんなもんじゃ」

 

というセリフに一同爆笑。

 

 

 

 

 

このことばが、重荷を下してくれた感じです。

 

 

 

 

 

短い時間ではありましたが、時間以上のものを受け取って帰ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気分が変わる。

 

行動も変わる。

 

 

 

身を以て実感です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は暑くなるとの予報だったので、今シーズン初のアロハシャツを着用し外出。

 

自宅から円山クラスまで徒歩で向かいましたが、暑くてかないませんでした。

 

 

 

 

 

 

それでも、沈んでいた頃に比べれば、着ていく服に気を向けられるようになったのはとても大きな進歩だなぁと感じていましたし、それは必ずしもじぶんひとりで出来たことではないんだと理解しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前のようにびっしりと書いていくことができるかどうかはまだわかりませんが、ようやく動ける実感が湧いてきました。

 

 

 

イベントが終わってはや1ヶ月。

準備が整い次第、綴っていきたいと思います。