つたわりとどけ。

日常と非日常のはざまから、伝え、届けたいことを個人で探求し、実践します。

整理棚からひとつかみ。 ジャズ編 その161

【Series Wayne Shorter

Joy Ryder  /  Wayne Shorter

f:id:maruyamabase:20180804210213j:plain

f:id:maruyamabase:20180804210232j:plain


SRCS 7041

 


1.Joy Ryder
2.Cathay
3.Over Shadow Hill Way
4.Anthem
5.Causeways
6.Daredevil
7.Someplace Called"Where"


parsonel

Wayne Shorter(ts,ss,p)
Terri Lyne Carrington(ds)
Nathan East(b)
Patrice Rushen(key)

additional musicians

Herbie Hancock(syn) on 4,7
Geri Allen(p,syn) on 1,2,3,5,7
Darry Jones(b) on 4,5
Frank Colon(perc) on 2,5
Dianne Reeves(vo) on 7


録音:1987年10月 ロサンゼルス、マッド・ハッタースタジオ

80年代版「ネイティブ・ダンサー」とうたわれたアルバム。参加布陣を見るとなんともハービーをまねているような印象が強いです。
そしてこの時期のショーターを聴くと、「ウェザー・リポート」の存在が覆いかぶさってきます。
それもそのはず。87年はウェザー・リポート解散の翌年になり、その色が濃く残っても仕方ないのかな、といった印象です。
注目すべきはゲストメンバーにハービー・ハンコックを迎えていること。そしてレギュラーメンバーに「テリ・リン・キャリントン」がいること。
そしてヴォーカル曲を入れていることでしょうか(ボーカルはダイアン・リーブス)。
気迫を込めた、いや、込め直したというべきでしょうか、新たな歩みがここから始まりました。