読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とみーのグラウンディング日記

北海道・札幌市の西側から、【M's Clearer】が伝え、届けたいことを。

ニクスイ、リターンズ。

きょうは朝からあちこち。

 

車で移動して、買い物して、また移動しては買い物。

 

 

 

自宅に戻ったときにできるわずかな時間でデスクワーク。

 

 

夕方は肉体労働。

 

 

 

 

あっという間に1日が終わろうとしています。

 

 

朝の時点ではこんなに動くとは思っていなかったのですが、朝家人を送っていった帰りに郵便局へ寄り、家路につく前にお腹が空いてきたので、いってきました。

 

 

 

 

 

そう。

なか卯の肉吸い朝定食」を食べに行ってきました。

 

 

 

 

 

恥ずかしながら、ぼくのブログで一番閲覧されている記事がコチラ。

 

maruyamabase.hatenablog.jp

 

 

 

 

ニクスイ、人気なんですねぇ( ̄― ̄)フッ

 

 

 

 

実はこの時期に書いた日記の後に一度食べに行ったことがあります。

 

その時の感想は

 

 

 

「濃い。しょっぱい。」

 

 

でした。

 

 

 

 

 

なか卯さんのコンセプトなのか、牛丼に使うお肉を使用しているためか、印象としては濃いめの味で、後から咽喉が渇く感じです。そんな経験をしていたのでそれ以降この定食を食べることはなかったのですが、札幌も明日には平地で積雪とか言ってるし、お腹もすいたのでさらっと食べたいと思ったので、思い切って久々に食べました。

 

 

 

 

 

結果。

 

「前回よりイケる。」

 

 

濃さは相変わらずなのですが、前回ほど濃くない。適度に薄まっています。

この定食が提供される際は恐らく肉吸いとなる汁の濃さを調整して出しているのではと思うのですが、使用している材料から見ると、以前サンクス(現ファミリーマート)で購入して食べた肉吸いとは味付けは全く異なります。

 

 

そこが惜しいと感じるところなのですが、お店ごとにアレンジするのもありなんだろうなと思いつつ、空腹を満たし、からだを温めていました。

 

なか卯の肉吸い朝定食は390円。トッピング等はここからプラス料金です。

メニューはごはんに肉吸い、そして生卵がついてきます。

もう少しお腹に入るのであれば、はいからうどんを注文して、肉吸いをブレンドすればちょうどいいんじゃない?というのが家人の意見。

 

 

密かにやってみようと思います(笑)

 

 

 

 

 

サンクスがファミリーマートに変わってしまった影響で、ぼくが見た感じではサンクスで提供していた肉吸いの提供も終わったかのように思えます。これから寒くなるのでひょっとしたらファミリーマートで提供されるかもしれませんが、個人的にはあの肉吸いが食べたいです。値段は高いけど。

 

あと、たまに自作もします。その際は出汁に迷います。以前はヒガシマルのうどんスープを出汁にして食べてみましたが、なかなかいけました。あの味を再現するのは難しいですが、お鍋が恋しくなる季節になりましたし、そうなると自然と肉吸いも食べたくなります。どうにか工夫して、他のお肉でもいけないか試していこうと思いました。

 

 

 

 

 

 

最近ですが、1日24時間というのは「少ない」と感じるようになっています。

それは自分のパフォーマンスがそんなによくない(笑)と感じていることもあるのですが、やりたいことの絶対量が増えてきているため、自然と「どうすれば時間を割り当てることができるか」を考えるようになりました。

 

ぼくが日記などで書いているガラクタ整理。

 

ガラクタの対象は、物質に限ったことではありません。

時間もそうですし、習慣もそうです。

 

何かが変わった後で、ふと「あれってガラクタだったんだ」と思いかえすようになりました。

 

 

 

ぼくは常々

 

 

 

「○○をするために必要なことを与えてください」

 

 

 

と、語りかけています。

 

これまでは「アレをマスターして、コレをマスターして」でした。

それを「枠」だと感じた瞬間、目的を達成するために必要なことなんて、自分でわかるわけないじゃん!と思うようになりました。

 

わからないから、純粋にお願いするように、内に外に語り掛けています。

 

 

 

それを続けたことが影響かもしれませんが、我が家に本がたくさん入ってきています。

それはオークションでの売却を依頼されたものもありますが、売れ残ったものから自分が読みたいと思ったものを取り出したとき、いいようのないワクワクの波が訪れました。

 

そして今日も、先日閉店したお店から不要となった書籍を引き取り、先ほど選別が終了しました。

 

 

 

ぼくが判断することではないのだと思いますが、これだけ自宅に本が集結しているということは「読む」という行為が少なくとも必要なのではと感じています。それは今自分が行っている仕事に対する知識を補填するためのものであり、自分がこれから語っていこうとする物事への根本的な理解を深めることにもつながります。本と会話をすることで、様々な気づきを得ることができます。それは自分本位という偏ったものから導き出されたものではなく、比較的中立な場所からのアプローチになります。

 

読了した本もあるのですが、お構いなしに読みたいと思う本が増えていってます。そのため、先日から多読を始めました。週に1日は本を読むことに多くの時間を割くようにしている以外は、空いた時間で読むようにしています。

 

 

ぼくがいますべきこと。やるときめたこと。そのために必要なこと。

考えひとつ変わることで、目の前に現れる現象は様々と変わります。

それをああだこうだと言い訳しながら選んだり放置したりするのではなく、すべてやりきる、やるんだという気持ちで取り組んだ時にこそ、誰もが認める大いなる変化というのが訪れるのだろうと思います。

 

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

-ガラクタ整理は現在受付停止中です- 

 

 

-オラクルカード・リーディング オーダー受付中です-

※現在限定価格にて提供中です(1枚引き ¥1.300~)

  

 

-対面セッションを展開します-

※ガラクタ整理に関するセッションは現在受付停止中です※

 

※2016年12月末までの限定価格で提供します

maruyamabase.hatenablog.jp

 

 

 

ご依頼・お問い合わせ等はブログ右横にある「便りをおくる」からお願いします。