とみーのグラウンディング日記

日常と非日常のはざまから、伝え、届けたいことを個人で探求し、実践します。

文字を「打つ」のはムズカシイ。

ブログは現在、自宅で書き貯めていた記事を予約投稿して反映させる形式をとったりしていますが、今週に関してはこつこつとスマホで記事を書き、アップしています。

記事のアップは大体オリンピック番組に後となっていて、本人は若干焦りを感じながらの投稿になっています。笑


きょうの函館は暖かさを感じました。現場の駐車場にある氷が融けるほどの暖かさです。車内にいますと、その日差しで充分に暖かさを感じれる強さがありました。



f:id:maruyamabase:20180222222357j:plain
今朝の函館駅



ブログを続けていきますと、当たり前のように思考がストップしてしまいます。予め頭のなかでぼんやりと書く内容を考えていても、その内容がすっとんだりしています。どうやらぼくは頭のなかで思考を置いておくことが苦手なようです。

その影響は、書くことにあるかもしれません。
若い頃から、書くことぱかりをしてきました。大学のレポートや友人等への手紙など、メールがあっても敢えて手紙という形式にこだわっていました。いまでこそ筆は遠くなってしまいましたが、何かを進める際は頭のなかで整理するのではなく、いちど書き出してから整理することがあるほどです。

また独特の感覚として、自分が得た感触をどう表現したらいいのかが迷うのです。そのヒョウゲンデ合っているのか、充分に説明できているのかなど、いろいろ考えてしまいます。そのまま考え続けていきますと、ついには忘れてしまいます(笑)。ほんとはこれではいけないんですが。

飛び飛びながらも、函館に滞在している期間が長くなっています。今夜は寒さも厳しくなかったので、JR駅にあるお土産やさんで地ビールを購入。ほかにはコンビニ限定の高級品缶コーヒーを買いました。お値段300円(税別)



f:id:maruyamabase:20180222225629j:plain



函館での出張を楽しみながらも、どこかで新たな感触を得ようと画策しています。短期間の滞在しかしてこなかった函館ですが、今回の滞在ではいい発見が出来ています。この感触と感覚を他の土地でも広げていき、伝えること、伝わること、そして届けることの追究をしていきたいと思います。