とみーのグラウンディング日記

日常と非日常のはざまから、伝え、届けたいことを個人で探求し、実践します。

時間をはずした祭りの日の祈り

 

f:id:maruyamabase:20170726184644j:plain

 

 

 

あの日のことは昨日のことのように身近にあるのに

 

望む明日のことはこのうえなく先のように感じてしまう

 

 

どうやらまだ迎えていない未来よりも

過ぎ去った過去のほうに

何かしら付着しているものがあるようだ

 

 

1万2千年前のことだって昨日のことのように感じるのだから

2年半前のことなどついさっきのことに感じてしまう

 

そんなこと忘れてしまえとひとは言うが

そうかんたんに忘れられるほど かんたんに投げ出す人間にはなりたくない

 

 

 

 

時間はどのようにあるのだろうか

 

連続してあるものなのか それともまったく違ったかたちであるものなのか

それすらもわからないまま 身を置かざるを得ない自分がここにいる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これまでずっと苦しんできた

 

これからもずっと苦しむだろう

 

これはもはや、自分が決めたことなのだ

 

 

 

 

そこから逃れたいと思うことは 自分を裏切ることに似ているのかもしれない

 

 

 

ぼくはこれまで 自分を信じてこなかった時間のほうが多かった

これから自分を信じるために しっかり苦しもうと思う

 

 

 

 

 

人間はこの世界で苦しむために生まれてきた

大いなる何かは、そこから得るものを 「何もせず」待っているんだと思う

 

 

 

 

 

ぼくは祈ります

苦しみから目を逸らさないようにする、と。