とみーのグラウンディング日記

日常と非日常のはざまから、伝え、届けたいことを個人で探求し、実践します。

こころをなくしはしない。

繁忙期に、入りました。

 

 

 

もう、余計なこと(笑)すら考える余裕がありません。

 

 

 

純粋に、仕事。

 

ひたすらに、仕事。

 

ひたむきに、やるべきこと。

 

ただただそれだけを行っている時間を、濃密に過ごしています。

 

 

 

 

その中で見えてきたことは、やはり人間の「枠」というものと言えばいいのでしょうか。

 

年末の繁忙期に採用された方が、ひとり、またひとりと、辞めていっています。

理由は、仕事が合わない、きついなど、まぁ人によって事情は様々。

しかし、それが本音に聴こえることも、嘘に聴こえることもありました。

 

噂には聞いていましたが、研修期間にだけ出社し、あとは出社してこないという人もいるくらい。これを「研修荒し」と言うそうですが、その本人はわからないのだと思います。そうやっていくことが、やがて自分の首をしめていくということに。

 

理由をつけて辞めていくのは、かんたんです。とてもかんたんです。

しかし、ときにそれは「逃げ」と判断されることもあります。

何も始まっていない段階で、早々に音をあげてしまう。

しょうがないことなのかもしれませんが、ぼくとしては「惜しい」と思ってしまいます。

 

 

 

理由はシンプル。

 

「棚上げ」しちゃったからです。

 

その「棚上げ」とは、何を指すのでしょうか?

 

それは、そのひとがやるべきことになります。

 

 

 

 

恐らくというか、ほぼ確実に、そういった出来事は繰り返しその人のもとに表れます。

もうダメだ、と思って逃げるのは、ある意味仕方ありません。が、逃げても無駄なのかもしれないということを、どこかで気づかなくてはなりません。何故ならば、それは、逃げていてもずっと「そばにいる」からなのです。

 

その事実を知るからこそ、余計にその場所から離れたいと思うのかもしれません。

しかしそれは、逆効果になることをぼくは知っています。

偉そうなことを言っていますが、それがぼくの体験であり、多くのひとに共通することでもあるからです。

 

この先、何人が脱落していくだろうか。

そして、何人がこの環境を受け容れるだろうか。

 

ぼくは、最後までこの場所に居よう、と決めています。

そのため、毎日、居場所を作ることに必死です。

そんなシンプルなことしか、いまは考えていません。

そう見ていくと、今の仕事もなんだか瞑想につながるものを感じました。

 

 

 

きょうは少し早く帰宅することが出来ましたので、ゆっくり湯船につかりました。

んで、寝てました(笑)

自分のいびきで起きました(汗)

 

それすらも、なんだか気持ちいいと感じています。

 

明日も、仕事です。

 

どんないちにちが、待っているでしょうか。

 

 

 

 

「よいものは受け取る。わるいものは受け取らない。」

 

この気持ちを常に持ち、あすも居場所を作っていこうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

マンダラオラクルカード・マテリアライズは現在ココナラでもサービス実施中です。

 

maruyamabase.hatenablog.jp