つたわりとどけ。

日常と非日常のはざまから、伝え、届けたいことを個人で探求し、実践します。

ふとしたこと。

朝、外に出ると鳥たちの啼き声が聴こえてきた

その声に耳を澄ませていると 普段は聴くことのない鳥の声だった

しばらくその声に耳を傾けながら歩いていたとき

外の世界の変化に 眼を向ける余裕がなかったことを自覚した


道路の雪は徐々に融け

アスファルトや氷の路面が顔を見せる


しかしそこに厳しい寒さはなく

寧ろもう少し頑張ればという 希望が見えているかのような足取りが増えていた



通勤時の人の流れや

下校中の小学生

工事の風景や 彩を取り戻そうとしている看板






世界は春を待っているとともに
春を呼び込む努力を行っていることを知った