つたわりとどけ。

日常と非日常のはざまから、伝え、届けたいことを個人で探求し、実践します。

【詩】るるる ふわり 

夜が明けると何処からともなく鳥がやってきて

 

わざわざ井戸端会議のような挨拶の演奏を始める

 

それまでお布団の国でぬくぬくしていた半分死にかけの人間は

 

太陽の眩しさよりもアクセントのある高温に覚醒する

 

その演奏をひととおり聞いた後は

 

少しばかりの二度寝という至福にのめり込む

 

そうして早朝は朝になり

 

やっと今日の天気を気にかけるようになるのです

 

 

 

静寂な空間がある朝だけれど

 

沈黙を破るかのように牛がひと啼きすれば

 

他の牛も呼応してすぐに近くの世界はにぎやかになる

 

太陽の求めで花びらを広げる準備を行えば

 

何かのための用意はすべて整うかのように思えた

 

 

そうして無音の世界に音が生まれ

 

いちにちは始まってゆく

 

それぞれの中にそれぞれの音があり

 

みな楽しく踊っている

 

風に草花が揺れ

 

木々には若芽が一斉につき

 

雨は雪を融かし

 

気温は生きるを促す

 

そうして誰もが生きていることを知って

 

知らずに生きていることの奇跡を味わう

 

 

 

そうして毎日

 

わたしたちは無意識に踊っている