つたわりとどけ。

日常と非日常のはざまから、伝え、届けたいことを個人で探求し、実践します。

【詩】止まることなく


f:id:maruyamabase:20190813200115j:image

 

再び  ということばがあるように

 

止まっていた  終わった  と思っていたものが実は続いていたということは実はある

 

 

続いていたことを歓迎しないことは多々あるけど、それが人間がもたらしたと知ったときの軽蔑の眼差しはこのうえないほどの冷徹さを含んでいる

 

それが人間以外だったら  ただただ悲しんで終わるだけなのに

 

これほど理不尽で  身勝手なことはない

 

 

 

 

再び訪れたことで更なる学びを得ることが出来るのは嬉しいことこのうえない

 

だからぼくは  あらゆる時間を勝手に止めないことにしている