つたわりとどけ。

日常と非日常のはざまから、伝え、届けたいことを個人で探求し、実践します。

味方でありたい。

ぼくの信念のなかに

 

「嫌いにはなりたくない」

 

というのがあります。

 

 

距離を置く、というのは実際にありますが、心底その人を嫌いになることはしたくない。

そんな信念を、いつの頃から抱き始めました。

 

 

八雲町に移住してきて、色々と話を聞きます。

それはこれまでの経緯を含めた、その人なりの見解や評価になります。

そのため、あながちウソではないというものになります。

 

その話を聞いて、当初は「付き合い方を考えていかなくては」と想いました。

 

しかし、そればかり考えてしまいますと、身動きが取れなくなってしまいます。

 

 

 

そのため、積極的にではありませんが、その人を知ろうという姿勢になりました。

 

 

札幌であっても八雲町であっても、誰かが他の誰かのことを悪く言うというのはあります。ぼくに対して「Aさんは~」とか「Cさんは~」という話も入ります。

 

ぼくはずるい人間かもしれませんが、その場においてはその話に同調します。

何故ならば、その話に込められた気持ちまでもを否定したくはないからです。

そのため、ぼくはそれぞれの立場からくるネガティブな話ですらも、受け止めるようにしていますし、それが原因でそれぞれの人を嫌いにはならないと決めています。

 

 

しかしながら、この考えはリスクがあります。

 

 

仮の話として、AさんがBさんのことを「○○なんだよね~」と批判していたとします。

ぼくはその話に同調しながらも「その気持ちもわかるけど、考え方を変えてみたらどうだろうか」と提案してみます。

 

上記の話をまとめますと、Aさんの話しはひとまず理解する。しかし、ぼく自身はBさんのことを悪く思わないようにする。というものです。

 

Aさんの味方でありながら、Bさんも擁護するといった姿勢です。

 

 

しかし、この姿勢に対して理解がありませんと、「そっちの肩を持つのか」となり、途端に自分自身が嫌われ・疎まれる可能性が出てきます。最悪の場合、両方から嫌われ、疎まれ、敵視されます。

 

 

それでも。

 

そのリスクがあったとしても、ぼくはその人の味方でありたいと思っています。

もちろん、限界はあります。ぼくではどうにもできないと無力感を得ることもあります。

 

それでも。

 

ぼくはその人を「信じたい」という気持ちがあります。

ぼくはその人に、可能性を感じたいのです。

 

だから、嫌いになりたくない。

嫌いという感情を持ちたくない。

好き、とはまた違う感覚ですが、味方でありたいのです。

しかしながら、味方でいたいというものの中には少しながらでも「好き」という要素は含まれているのだと認めてはいます。難しいですけどね。

 

小さなマチであるからなのか、八雲町に移住してこのかた、誰かを批判する声を多く聴いていきました。それはもちろん、批判される側としてぼく自身も含まれていると実感しています。じゃあ、批判をしていれば何かが変わるのでしょうか?その問題が終わるのでしょうか?と考えると、不毛な行為に思えてなりません。ガス抜きにもならないような、不愉快感が増すだけの行為に思えて仕方ないのです。

 

ぼく自身も、批判の類の話はします。

それは流れ上、どうしてもという場合があるからです。

しかしながら頭の中では、「どうすればその状況が一変するだろうか」ということを考えています。わたしたちは常に「何かが足りない」状態であると言えますから、その部品が揃い、組み込まれれば、その批判も止むのではないかと想っているからです。

 

誰もが、実はもったいない状態だと思います。

だから、他人を責めるならば自分の状態を省みたら~と想ってしまう。

口には出しませんが 汗。

だって、それは自分も同じですから。

 

 

 

味方でありたい。

それは、ぼくと関わる人すべてに対しての宣言になります。

 

喩えが微妙かもしれませんが、るろうに剣心の主人公・緋村剣心が信念として持つ

 

「不殺(ころさず)」

 

と似たようなものだと自覚しています。

 

 

 

それを貫くのはまた苦しいことです。辛いことです。

 

それでも。

 

これまでもやってこれたのですから、残り時間も続けていくことに不安はありません。

だから、死ぬまでこの姿勢は貫いていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたへ。

ぼくは、あなたの味方です。

それだけです。