つたわりとどけ。

日常と非日常のはざまから、伝え、届けたいことを個人で探求し、実践します。

わるくないよ。

「自分が悪い」。

 

 

そう決め込んでしまう場面は、生きている間には何度もあります。

 

「〇〇となったのはわたしのせいだ。だからわたしが悪い」。

 

こういう仕組み、または方程式のようなものが、この世界にはふわりと浮いています。

それを自覚してしまう人や、押し付ける人など、良し悪しを明確にしたがる傾向にどうもあるようです。

 

 

 

f:id:maruyamabase:20211028212244j:plain

 

 

しかしよく考えてみると、「悪くない」とされるものがいくつも出てきます。

そこまで責任を感じなくてもいい、ということですね。

この世界は責任の所在を明確にしたがりますが、その所在をどうしても明確にできないことだってあります。それを無理に引き受ける必要はないと思います。

 

 

あと「とらわれている」という言葉も似ていますね。

何か強烈な出来事が、見えないロープとなってその人に制限をかけている。

その人は、その制限を仕方ないと受け容れてしまう。

でも、とらわれていてはだめなんです。

それでいいと思っていてはだめなんです。

とらわれていたのなら、そこから抜け出てもいいんです。

 

権利と言っては堅苦しいですが、わたしたちはそうして本当の成長を果たすべきです。