つたわりとどけ。

日常と非日常のはざまから、伝え、届けたいことを個人で探求し、実践します。

(詩)dive into

なにかを始める前から怖がっている人がいた

なにかをする前から緊張している人がいた

 

 

その表情には血の気がなく

そのたたずまいもメドゥーサに睨まれたかのごとく石化していた

 

どうしてそんなに苦しんでいるのか

どうしてそんなに苦しもうとしているのか

 

しばらく時間が経たないと 理解することはできなかった

 

 

 

 

 

ぼくたちは想像力が豊かな反面

縁起でもないことをあれこれと考えてしまうことがある

 

おそらくはその延長線なのだろう

たとえば 明日の朝ゴミを出すのが間に合わなかったらどうしようといった具合に

明日いきなり上司にどやされたら嫌だろうなといった具合に

 

 

ただそれは

 

水面の表面でしか起きていないとわかったとき

大いなる発見をすることは確かだ

だからこそ 水面の中に入っていく必要がある

それは困難であったり

苦手なことだったり

心臓が破裂しそうなくらいの緊張感を抱くことだったりと

 

毎日の数だけいろいろあるけれど

いったん その中へ入ってしまえば なんてことない

普段のひたむきが その意味を報せてくれるだろう

 

だから嫌でも 辛くても苦しくても

水底に潜るようにして

源をさぐるようにして

広がりを感じることができれば上々だよ